200系ハイエース情報サイト!(200系ハイエースの人気の秘密は?)

200系ハイエース情報サイト!(200系ハイエースの人気の秘密は?)
200系ハイエースの情報サイトです。200系ハイエースの人気の秘密を完全解析していきます。200系ハイエースのカスタムやメンテナンス、ホイール・タイヤ情報など、200系ハイエースに関する情報をお伝えしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

ウェルキャブ車のシートの種類。「200系ハイエース情報サイト」

200系ハイエースには現在6種類のウェルキャブがラインナップされています。

Aタイプ:車いす仕様・ストレッチャー仕様 (乗車定員9名)
車いす2名、車いすとストレッチャー各1名の2通りの使い方が可能。

Bタイプ:Bタイプ 車いす・ストレッチャー仕様 (乗車定員10名)
車いす2名乗車時は10名、ストレッチャーを使用の場合は9名乗車が可能。

Bタイプ(スーパーロング):Bタイプ スーパーロングボディ 車いす&ストレッチャー仕様(乗車定員10名)
車いす2名乗車時は10名、ストレッチャーを使用の場合は9名乗車が可能。

Cタイプ:Cタイプ 車いす仕様(乗車定員10名)
車いす1名が乗車でき、2列の2人掛けリクライニングシートにより、定員10名の室内空間を演出。

Dタイプ:Dタイプ スーパーロングボディ 車いす・ストレッチャー仕様 (乗車定員10名) 3人掛けタンブルシートの設定により、シートレイアウトは思いのまま。車いす4名+5名の方が、一度に乗車可能。

福祉車両:福祉タクシー仕様車 スーパーロングボディ (乗車定員10名)
車いすの方を含む多人数の送迎や旅行などに対応。

全部で6種類になります。

これだけのハイエースのシートの種類があれば、いろいろな状況に対応してくれそうですね。
スポンサーサイト
フリーエリア

リンク
RSSフィード
☆おすすめ無料買取査定☆
中古車買取なら
プロフィール

200hiace

Author:200hiace
200系ハイエースの人気の秘密って?
こんな200系ハイエースについての情報をお伝えできれば…と思っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。