200系ハイエース情報サイト!(200系ハイエースの人気の秘密は?)

200系ハイエース情報サイト!(200系ハイエースの人気の秘密は?)
200系ハイエースの情報サイトです。200系ハイエースの人気の秘密を完全解析していきます。200系ハイエースのカスタムやメンテナンス、ホイール・タイヤ情報など、200系ハイエースに関する情報をお伝えしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

ハイエースマイナーチェンジ最新情報。

ハイエースマイナーチェンジの最新情報。

いろいろな情報がある中で、最新情報を入手しましたのでお伝えしていきます。

基本的なマイナーチェンジの内容を並べますと、

・新排ガス規制のディーゼルエンジンの追加。

・スーパーGLのワイドボディー。

・外装はメッキを使った新フロントグリル。

・DXにパッケージされる「GLパッケージ」。

・スーパーGLに今まで搭載されていた2Lガソリンエンジンの廃止。

・シートトリコット化

・スーパーGLに待望の「ブラックマイカ」を追加。

基本的な変更はこんな感じになるようです。

この情報の感想をお伝えします。

新車価格が上がっても今まで以上販売台数を確保する…といった感じですか。

特にスーパーGLのブラックマイカは歴代のハイエースにはなかった設定ですので、人気を集めるでしょう。

新型ハイエースは、仕事にもレジャーにも活躍が期待されます。

早く新型ハイエースが登場して欲しいものですね。


スポンサーサイト

ウェルキャブ車のシートの種類。「200系ハイエース情報サイト」

200系ハイエースには現在6種類のウェルキャブがラインナップされています。

Aタイプ:車いす仕様・ストレッチャー仕様 (乗車定員9名)
車いす2名、車いすとストレッチャー各1名の2通りの使い方が可能。

Bタイプ:Bタイプ 車いす・ストレッチャー仕様 (乗車定員10名)
車いす2名乗車時は10名、ストレッチャーを使用の場合は9名乗車が可能。

Bタイプ(スーパーロング):Bタイプ スーパーロングボディ 車いす&ストレッチャー仕様(乗車定員10名)
車いす2名乗車時は10名、ストレッチャーを使用の場合は9名乗車が可能。

Cタイプ:Cタイプ 車いす仕様(乗車定員10名)
車いす1名が乗車でき、2列の2人掛けリクライニングシートにより、定員10名の室内空間を演出。

Dタイプ:Dタイプ スーパーロングボディ 車いす・ストレッチャー仕様 (乗車定員10名) 3人掛けタンブルシートの設定により、シートレイアウトは思いのまま。車いす4名+5名の方が、一度に乗車可能。

福祉車両:福祉タクシー仕様車 スーパーロングボディ (乗車定員10名)
車いすの方を含む多人数の送迎や旅行などに対応。

全部で6種類になります。

これだけのハイエースのシートの種類があれば、いろいろな状況に対応してくれそうですね。

車高調の取り付けの注意!「200系ハイエース情報サイト」

200系ハイエースをローダウンさせるとかなり格好良いですよね!

最近では本当によく見かけるようになりました。

200系ハイエース用のローダウンサスペンションや車高調キットもいろいろ販売されています。

そこで車高調キットを組む際の注意点を書いてみます。

正直、これは私の友人たちの失敗例なのであまり参考にはならないかもしれませんが…

私の友人に200系ハイエースのスーパーGLに乗った人が3人います。

みんな同級生で、同じ色の200系ハイエースのスーパーGL。

濃いグレーの奴ですね…

でもカスタム度合いはさまざまです。

でもみんな自分たちでカスタムをしているので、車高調を組むときも同じ失敗をしています…汗)

徹夜で自慢の200系ハイエースの車高調を組んで、いざ出発!!

見た目は最高なのですが、走り出してみるとガタガタ…と。

原因はよくわからなかったのですが、3人ともガタガタ音がするのです。

かろうじて真っ直ぐは走るようですので我慢して乗っています。

でも私が思うに、足回りは命を預かっている部分。

出来れば専門ショップで取り付けてもらったほうが良いのではないかなって。

たしかに工賃がかなりかかりますので、予算的には厳しくと思いますが、事故を起こしてしまうよりは絶対に良いと思います。

自分だけならまだしも、事故で関係のない人たちを巻き添えにするのはどうかと思います。

やはり走行にかかわる部分のカスタムは、絶対専門ショップに任せたほうが良いと思いますよ。

商用車と乗用車のタイヤの違い?「200系ハイエース情報サイト」

タイヤに商用車用と乗用車用があるのは知っていますか?

これを守らないと違法改造車となって車検すら受けられなくなります。

200系ハイエースに乗っている人の中には、ホイール・タイヤを交換する方も多いと思います。
カスタムの基本ですからね。

しかし、200系ハイエースは基本的に商用車。

乗用車のタイヤは履けないのです。

商用車のタイヤを履かせないといけないのです。

ディーラーなどでは乗用タイヤを履いている200系ハイエースの整備を行ってくれません。

違法改造車と同じ扱いだから仕方ないのですが。

200系ハイエースのホイール・タイヤを交換する時には注意をしましょう。

でも実際に、この200系ハイエースに適合するホイール・タイヤは非常に少ないというのが事実です。

せっかく200系ハイエースのホイールを変えようと思っても選べる種類が少ないのです。

いろいろ探して自分好みのホイールが見つかっても、乗用車用のタイヤを履かせてしまったら意味が無いです。

このような事が起きないように、ホイールを交換するときにはタイヤ専門店などで相談をしてから購入したほうが良いと思いますよ。

そうでないと、いちいち整備をしてもらう度に、純正ホイールに履き替えなければいけませんからね。

かなりめんどくさいですから。

冬のシーズンになって、スタッドレスタイヤに交換する時も同じです。

スタッドレスタイヤも商用車用のものを履かせなくてはいけません。

新車のディーラーでも、冬になるとスタッドレスタイヤとホイールのセットをかなりお値打ちに販売する事が多いので、これらを利用するのも良いかもしれませんよ。

あまり奇抜なデザインのホイールは無いと思いますけどね…

「楽天ショップ」は激安パーツがいっぱい!「200系ハイエース情報サイト」

最近では、200系ハイエースのパーツも本当に豊富になってきました。

インテリアパネルやシートカバー、アルミホイールやエアロパーツと。

内装のパネル一つをとっても、いろいろな種類や形が出ています。

この200系ハイエースのパーツを少しでも安く手に入れたい人も多いのではないでしょうか?

通販なんかも非常に使いやすく、特にネットショップなんかはお値打ちに200系ハイエースのパーツを購入できるのでおすすめです。

エアロパーツやマフラーなど、自分での取り付けが困難なパーツは専門ショップに任せるとして、自分でも簡単に出来るようなインテリアパーツやシートカバーなど、工賃をかけなくても取り付け出来るような200系ハイエースパーツは少しでも安く購入したいものです。

そういった時には、ネットの活用が良いかもしれませんよ。

大手では「楽天」なども有名ですよね。

欲しいパーツはほとんど見つかると思います。

一度グーグルなどの検索窓に「楽天」というキーワードを入れて、検索してみてください。

200系ハイエースのパーツだけではなく、時計やブランド品などもかなり安く購入できるので一度調べてみてはどうですか?

エアロツアラーは純正最高?「200系ハイエース情報サイト」

エアロツアラーと言えば、モデリスタのコンプリートカーです。

200系ハイエースのワイドボディーの代名詞のような車です。

基本は200系ハイエースのワゴンDXをベースに、エクステリアやインテリアをモデリスタ専用仕様にカスタムしてあります。

車幅も188㎝となっていて、アメ車並みのワイドボディー仕様。

基本的に200系ハイエースのワゴンなので、10人乗りになっています。

10人乗りまでは普通免許でいけますので安心です。

これがハイエースコミューターになってしまうと、15人乗りですので大型免許が必要になります。

結構しらない人が多いですので、もし検討されている方は注意しましょう。

この200系ハイエースのエアロツアラーは、ベース車のワゴンDXと比べると30万円ほど定価が上がっています。

しかし装備はそれ以上に豪華になっていると言っても過言ではありません。

かなりお値打ちな車になっていますね。

しかも、ワゴンDXのメーカーオプションでは選択できない装備もエアロツアラーなら標準装備になっています。

電動格納式ドアミラーなどもその一つですね。

標準ボディーでは少し物足りない、という方はこのエアロツアラーのようなワイドボディー車も良いかもしれませんね。

エンジンは2700CCのガソリンのみの設定になっていますので、燃費のほうはあまり期待できないかもしれません。

どうしても大排気量にこのボディー。

10人乗せて思い切り走れば…

しかしこの188センチの車幅は魅力的です。

キャンプなどにも貢献できそうですね。

ATFの交換って必要なの?「200系ハイエース情報サイト」

エンジンオイルの交換は非常に馴染みのあるものですよね。

200系ハイエースのエンジンやオートマチックなど、動きのある部分には必ずオイルが使われています。

しかし、オイルが劣化するのはエンジンオイルだけではありません。

どの部分のオイルでも劣化していくのです。

例えばATFもその一つです。

ATFと言うのは聞きなれない言葉かも知れませんが、オートマチックオイルの事です。

そんなに頻繁に交換する必要はなのですが、4万キロから5万キロに1回の交換は必要だと言われています。

でも実際はATFまで交換する人は少ないと思います。

だからと言って、10万キロ以上乗ってからいきなりATFの交換をすると、壊れてしまうケースもあるのです。

この理由は、今までにたまったカスが影響して、故障の原因となってしまうようです。

走行距離を乗っているにもかかわらず、ATFを交換して欲しい、と言っても断る業者さんも見えるぐらい。

もしATFの交換を考えるのでしたら、今の走行距離を確認してからにしましょうね。

もしあまり距離が乗っていない車でしたら、最低5万キロに1回の交換は行うようにしましょう。

トヨタ自動車は、基本的にATF交換は必要ありません、と言っているようですが、少しでも長く200系ハイエースを乗りたいのでしたら交換したほうが良いと思いますよ。

実際に2万キロに一回ATFを交換している私の友人のマーク2クオリスなんかは、15万キロも走行しているのにオートマチックの変速ショックはほとんど無いですからね。

効果は絶大です!

いよいよハイエース マイナーチェンジ!「200系ハイエース情報サイト」

5代目となる200系ハイエースも、2007年9月に大幅マイナーチェンジをすることになるようです。

少し早い気もしますが、今回のハイエースマイナーチェンジでは、エンジンからボディーサイズまで大きな変更点があるようです。

もともと新ディーゼル規制に対応するために行われることもあって、現行の2.5ディーゼルエンジンは廃止。

排気量も3.0に変更され、ますますパワーがアップするものと思われます。

ただ、アップするのはパワーだけでは無く、なんと新車価格まで大幅アップが予想されています。

エンジンの単価がアップすることで、新車価格も30万円から40万円ほど上がるようです。

現行の200系ハイエースのスーパーGLの4WDが新車価格300万円なので、マイナーチェンジ後の価格は340万円前後にもなってしまうと言うことになりますね。

諸経費を入れて、最近ではカーナビの装着は当たり前になってきていますので、カーナビ代も考えると400万円近くなってしまいます。

基本的には商用車ですから…

とは言え、日産のキャラバンなども新ディーゼル規制のために大幅な価格アップがあるようですので、仕方ないと言えば仕方ないのでしょうか。

後はスーパーGLのワイドボディー版が出ると言う噂もあります。

グランドキャビンのような感じになるのでしょうか。

とにかく大幅な変更が期待される200系ハイエース!

今から楽しみな車ですね。

200系ハイエースをカスタムする理由…「200系ハイエース情報サイト」

200系ハイエースというのは、仕事や遊びといった使用する目的がはっきりしているケースが多い車です。

特に仕事を中心にしていて、空いている休日などにレジャーなどで使われるケースが多いのではないでしょうか?

そういった時にこそ、実用性に欠けた200系ハイエースのカスタムはやめたほうが良いと思います。

200系ハイエースのカスタムには、この「実用性」を損なわないドレスアップが必要になってくると思うのです。

この200系ハイエースのカスタムの基本は、ホイールのチェンジとローダウン、そしてエアロパーツを組む事が多くなってくると思います。

しかも仕事での活躍が中心になる200系ハイエース。

乗用車のようなカスタムはなかなか出来ないと思います。

乗用車でしたら、自分の好きなようにカスタムを行えば良いのですが、仕事も考えなくてはいけませんので、あまり過度のカスタムはやりづらいです。

車高をあまり落としてしまうと、足場の悪い現場に行ったときなどにも使いづらいと思いますし、そのためにエアロパーツも最小限に抑えたいところです。

タイヤ・ホイールも最近流行っている大きいタイプのものも履けますが、走行性や実用性を考えればあまり無理なサイズは控えた方が良いと思います。

こういう問題が多い200系ハイエースのカスタムをしようと思うなら、やはり専門ショップにお願いするのが一番の方法ではないでしょうか。

乗用車なら自分の好きなようにカスタムできますけど、200系ハイエースの実用性まで考慮したカスタムはかなり難しいと思います。

200系ハイエース専用のカスタムになってきますから。

こういった難易度の高いカスタム作業は、専門店の豊富な経験と知識を使って行うのが失敗しない一番の方法。

もし200系ハイエースを自分なりにカスタムして、仕事に悪い影響を与えてしまってもいけませんからね。

自分の予算に合ったカスタムを、プロに任せてみるのも一つの方法かもしれませんよ。

出来ればせっかくの愛車ですので、失敗はしたくありませんものね。

5代目のハイエース登場!「200系ハイエース情報サイト」

歴代人気を誇っているハイエースの5代目モデルと言えば、200系ハイエースです。

この大人気車種の「ハイエース」も、この200系ハイエースで5代目になります。

ハイエースは、発売当初からワゴンタイプをラインナップしていて、「人と荷物を運べる車」として人気を集めていました。

4代目のハイエース100系になった頃には、最強ミニバン「トヨタ エスティマ」が登場して、ハイエースは豪華ワンボックスとして注目されていました。

しかし200系ハイエースになってからは、事実上ワゴンモデルは無くなってしまい、その代わりにスーパーGLが仕事も遊びも両立できるハイエースとして認められるようになりました。

発売当初は、スーパーGLがこんなに人気を集めるとは誰も思っていなかったのではないでしょうか。

でもその不安は良い方向に裏切られました。

200系ハイエースユーザーの自由な発想を実現できる最高のクルマとして人気を集めることになったのです。

ハイエース100系のスーパーGLをサーファーの人たちが使い出して人気が広まったとも言われています。

基本的に商用車として登場した200系ハイエースですが、仕事だけではなく、遊びの部分も充実させることが出来るオールマイティー車種として、今も尚人気を集めています。

200系ハイエースを純正のままで乗るもOK!、思い切ってカスタムするのもOK!と言うことで、これからもこのハイエース人気は続くのでしょうね。

仕事もプライベートも両立出来るこの「200系ハイエース」の情報をこれからお伝えしていければ…と思っています。
フリーエリア

リンク
RSSフィード
☆おすすめ無料買取査定☆
中古車買取なら
プロフィール

200hiace

Author:200hiace
200系ハイエースの人気の秘密って?
こんな200系ハイエースについての情報をお伝えできれば…と思っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。